フードバンク調布について

ちょっとずつよくしていこう

スーパーの店頭には世界中の食品が並び、
私たちは真夜中にさえ、好きな物を買える豊かな環境に暮らしています。
けれど一方で、日本は先進国の中でもとても貧困率が高いのです。
中でもひとり親家庭高齢者の暮らしが厳しいと言われています。

もし病気やケガをしてしまったら、たちまち窮地に陥る不安定な暮らし。
どんなにか心細いことでしょう。

ひとりひとりが小さい力を寄せ合えば社会はちょっとずつ良くなるはず。
私たちフードバンク調布は、そんな思いの中から生まれた市民団体です。

フードバンク調布の活動

  • 飽食の時代…

フードバンク調布の活動

家庭や企業で眠っている食品を集めます

いつでも持ってきていただける常設の受付場所はこちら
・事務所・倉庫までご連絡ください。
メール:info@foodbank-chofu.org
  TEL:070-4447-3054 (月・木10:00~15:00)}
  届けていただければ助かりますが、調布市内でしたら取りに伺うこともできます。

・フードドライブ(※)を行います。期日・場所を決めてホームページやFacebook、チラシ等で告知し、食品を集めます。

・いつでも持ってきていただける常設の受付場所を増やします。

福祉団体・福祉施設や食品を必要とする方に、集めた食品を届けます

・調布市社会福祉協議会と連携して、社会的に弱い立場の方に寄り添います。
・子ども食堂や障がい者施設などに食品を提供することで、地域で繋がる力を高めます。

講演会やイベントなどを通して社会問題の啓発に取り組みます

・講演会や地域のイベントを通して、食品廃棄を見つめ直すきっかけづくりをします。また日本における貧困問題への理解を広めます。

(※)フードドライブとは、福祉施設や必要としている方に食品を提供するため、家庭で眠っている食品を集める活動です。

理事長よりひとこと

つつじの花が街路を彩る中、黄色い帽子に大きなランドセルを背負い笑顔で登校する新1年生の姿にほっとし、子どもたちのこの笑顔溢れる元気な姿が再び消えることのないようにと願います。

2020年度は新型コロナウィルス感染により多くの尊い命が奪われました。お悔やみ申し上げますと共に、今なおウィルスと戦っている方々の一日も早い快復をお祈り致します。このつらい日々が早く終焉し平穏な日常が戻るまで、感染対策を徹底して我慢の生活を続けていくしかないのでしょう。

2017年12月に調布で「食」での支え合いを目指し立ち上がったフードバンク調布も4度目の春を迎えました。会員も倍以上に増え、フードバンク活動が地域に浸透していることを嬉しく思っています。

コロナ禍で失職、減収により生活が一変し食事にも影響がでてしまうご家庭が増え、2020年は子どもの長期休み食糧支援「子ども元気プロジェクト」は緊急支援も含め4回延べ857世帯に宅配で送りました。
たくさんの子どもの笑顔を思い浮かべお菓子もたくさん入れました。このような支援ができましたのも、地域の皆様、多くの企業、また調布市役所、調布市社会福祉協議会からのご支援ご協力があったからこそと心より感謝いたしております。コロナ感染の早期収束を祈りつつ、一人一人が感染対策を徹底してウィルスと戦い、それでも感染してしまったら地域でお互いに助け合っていきましょう。私たちフードバンク調布は「食」での支え合いを広げ、だれもが食べ物で困ることのない社会を目指します。

今後とも皆様のご支援ご協力をよろしくお願い致します。
理事長 安保久恵

ごはん
おにぎり

団体情報

団体名  フードバンク調布
理事長  安保久恵
活動日  毎週月曜・木曜(祝日の場合翌日)の10時~15時
場所   調布市富士見町3-21-12 サレジオ修道院ユースセンター1階
電話番号 070-4447-3054 (活動日のみ)
Email    info@foodbank-chofu.org

沿革

2017年12月    有志によりフードバンク調布設立
-         初代理事長に久我が選任
2018年4月   全国フードバンク推進協議会に入会
2018年7月   調布市社会福祉協議会と連携し生活困窮者への食糧支援を開始する
2018年       理事長に安保が選任
2019年3月   2018年度総提供実績   2,259Kg
2020年3月   2019年度総提供実績   6,721Kg

2021年3月   2020年度総提供実績  16,452Kg