イベント告知子ども支援

学生フードパントリーを実施

パントリー会場に入って来た時の不安そうな顔が、食品でいっぱいになったリュックや袋を抱えてみんな笑顔になって帰って行く姿を見送りながら、私たちは「もう少しの辛抱だよ、頑張れ!」と心の中でエールを送っていました。
当日は81名が来場、当日授業で来れないと連絡があった学生さんも3名ほどいましたので翌日以降のフードバンク活動日に取りに来ていただきました。
まだまだwithコロナの生活は続きそうです。困っている時はお互い様です。無理せず、声をかけて下さい。そしてこの困難を乗り越えて社会に出た時に、困っている人に力を貸してください。
今回のフードパントリーは、たくさんの地域の皆さまのご寄付や食品ご寄贈でのご支援が支えとなりました。お陰様でたくさんの食品を用意することができました。ありがとうございました。また以下の協力団体のお力添えで開催できましたことに心より感謝いたします。
・調布市社会福祉協議会
・早大校友会調布稲門会
・慶大校友会調布三田会
・電気通信大学生活協同組合
・調布市こども食堂ネットワーク
・語ろうアースカフェ
           (順不同、敬称略)
大変な状況はまだ続くかもしれませんが、学生たちがしっかり食事がとれて安心して学びが継続できるように、フードバンク調布はこれからも「食」から学生たちを応援していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA