フードバンク調布について

ちょっとずつよくしていこう

スーパーの店頭には世界中の食品が並び、
私たちは真夜中にさえ、好きな物を買える豊かな環境に暮らしています。

けれど一方で、日本は先進国の中でもとても貧困率が高いのです。

中でもひとり親家庭高齢者の暮らしが厳しいと言われています。

もし病気やケガをしてしまったら、たちまち窮地に陥る不安定な暮らし。

どんなにか心細いことでしょう。

ひとりひとりが小さい力を寄せ合えば社会はちょっとずつ良くなるはず。

私たちフードバンク調布は、そんな思いの中から生まれた市民団体です。

フードバンク調布の活動

家庭や企業で眠っている食品を集めます

  • 事務所・倉庫までご連絡ください。

メール:info@foodbank-chofu.org

TEL:070-4447-3054 (月・木10:00~15:00)

届けていただければ助かりますが、調布市内でしたら取りに伺うこともできます。

  • フードドライブ(※)を行います。期日・場所を決めてホームページやFacebook、チラシ等で告知し、食品を集めます。
  • いつでも持ってきていただける常設の受付場所(詳細はこちら)を増やします。

福祉団体・福祉施設や食品を必要とする方に、集めた食品を届けます

  • 子ども食堂や障がい者施設などに食品を提供することで、地域で繋がる力を高めます。
  • 調布市社会福祉協議会と連携して、社会的に弱い立場の方に寄り添います。

講演会やイベントなどを通して社会問題の啓発に取り組みます

  • 講演会や地域のイベントを通して、食品廃棄を見つめ直すきっかけづくりをします。また日本における貧困問題への理解を広めます。

(※)フードドライブとは、福祉施設や必要としている方に食品を提供するため、家庭で眠っている食品を集める活動です。

理事長よりひとこと

皆さま、こんにちは。

日頃よりフードバンク調布をご支援いただき有難うございます。

2017年12月に小さな任意団体として発足し、翌4月より調布市社会福祉協議会と連携して実質活動を始め、今期2年目を迎えることができました。

そんな中、先月6月17日に2019年度定期総会を無事に終了し、安保久恵(あぼひさえ)が新理事長として就任したことをご報告いたします。

初代理事長・久我の本活動に対する熱き思いを受け継ぎ、より一層の心のこもった支援を届けられるよう会員全員で前へ進んで参ります。

これまで以上に行政との連携を模索し、近隣フードバンクとの協力関係をより密接なものにしつつ、きめ細かい柔軟性のある支援の枠組みを構築して参ります。

 

フードバンク活動に少しでも関心をお持ちの方は、どうぞご一報ください。

まずは活動現場を見学にいらっしゃいませんか。

皆さまの温かいお力添えをお待ちしています。

理事長 安保久恵