寄贈

東都生協様の「未来につなぐ募金」からの臨時支援

こんにちは。
市報ちょうふの9月20日号一面に掲載された「10月の食品ロス削減月間」の中で、フードバンク調布の活動を紹介していただきました。
まだ食べられるのに廃棄されてしまうたくさんの食品(食品ロス)を集め、必要とする方へ届ける。貧困問題の解決を目指すと同時に、食品廃棄のために必要となるエネルギー消費も減らせる。みんなが幸せになり住みやすい地域を作っていきたいとの思いから、有志が集まって生まれたボランティア団体がフードバンク調布です。
市報をお読みになり、改めて食品ロス削減について考えていただき、フードバンク活動に関心を寄せていただけたら嬉しいです。

9/24の開所日には、東都生協様の「未来につなぐ募金」からの臨時支援の商品寄贈を調布センターへ受け取りに行き、たくさんの食品をいただきました。いつもありがとうございます。
当日は創価学会様からの寄贈もあり、トラックでたくさんのお菓子を運んできてくださいました。ありがとうございました。
コロナ緊急事態以降、支援が必要な方も増えていますが、多くの企業様、団体様からたくさんの食品寄贈があり本当に助かっています。地域の皆様からいただいた寄付金や食品寄贈のご支援、ご協力にも心より感謝いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA